HOME新着情報一覧 >> 消費税率引き上げに伴う住宅関連制度

新着情報

2019/09/27

消費税率引き上げに伴う住宅関連制度

   いよいよ消費税率引き上げが迫ってきましたが、税率引き上げの影響が大きい住宅については、税制以外にも対策が講じられています。

 ―蠧誓

   消費税率10%の適用を受ける住宅の取得等については、令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に居住の用に供した場合、住宅ローン控除の適用期間が13年間に延長されます。

◆‖M神

   直系尊属からの贈与により取得した住宅取得等資金で一定の要件を満たすものについては、消費税10%の適用を受ける住宅については、非課税枠が最大3,000万円まで拡充されます。

 すまい給付金の拡充

   すまい給付金は、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担を緩和するために既に設けられている制度で、消費税率10%への引き上げ後は、住宅ローン減税の拡充措置を講じてもなお効果が限定的な所得層に対して、所得額に応じて給付金が最大50万円まで増額されます。

ぁー\ぢ綵斬陬櫂ぅ鵐叛度の創設

   次世代住宅ポイント制度とは、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、消費者の需要を喚起し、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし、税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。


国土交通省HP

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000036.html

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。