HOME新着情報一覧 >> 被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除(改正)

新着情報

2019/06/20

被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除(改正)

本年28日の新着情報で、相続又は遺贈により取得した被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等を売却した場合の3,000万円控除に関する規定をお知らせしました。今回、この規定に改正が加えられましたので、最新情報をお知らせします。

 

改正点は、適用対象となる被相続人居住用家屋及び、被相続人居住用家屋の敷地等の範囲に、被相続人の居住の用に供することができない特定事由により、相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されていなかった一定の場合でも、特定事由により居住の用に供されなくなる直前に、その被相続人の居住の用に供されていた居住用財産が追加されました。

上記でいう特定事由とは、要介護認定を受けていた被相続人が、]型擁〇稻,傍定する老人ホーム等、介護保険法に規定する老人保健施設等、9睥霄圓竜鐔擦琉堕螻諒櫃亡悗垢詼[Г傍定するサービス付き高齢者向け住宅等、或いは、障害者支援区分の認定を受けていた被相続人が、同法に規定する障害者支援施設等に入所、または、入居していたことをいいます。

また、上記でいう一定の場合とは、特定事由により被相続人居住用家屋が被相続人の居住の用に供されなくなった時から相続開始の直前まで、事業や貸付等の用に供されていないこと等をいいます。


上記の改正は、平成3141日以後に行う譲渡について適用されます。

また、適用期限も令和51231日まで4年延長されています。

詳しくは、是非、PROTAAGメンバーにご相談下さい。

 


 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。