HOME新着情報一覧 >> 平成30年分の確定申告状況

新着情報

2019/06/07

平成30年分の確定申告状況

 

5月30日、国税庁は平成30年分の確定申告状況等について発表しました。

まず、所得税及び復興特別所得税については、申告した人員は2,222万人と前年に比べ1.1%増加しました。所得金額は421,274億円で1.7%増、申告納税額も3兆1,941億円と前年より2.5%増加しました。土地等の譲渡所得については、所得金額は5兆328億円で前年より増加しておりますが、株式等の譲渡所得については所得金額3兆1,941億円と減少しました。          

個人事業者の消費税は、申告件数が113万5千件と前年より0.3%減りましたが、納税申告額は5,932億円と0.02%増加しました。また、贈与税は、申告人員は49万4千人で、そのうち申告納税額のある人は36万人、申告納税額は2,788億円と前年比34.2%の増となりました。

なお、eTaxの利用状況等については、e-Taxで所得税等の申告書を提出した人は5,425千人で29年分から17%の増加となりました。また今年から始まったスマートフォンで申告書を作成・提出した人は36万6千人で来年1月からはスマホ申告がもっと便利になるようです。

国税庁ホームページより

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。