HOME新着情報一覧 >> 被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除

新着情報

2019/02/08

被相続人の居住用財産に係る譲渡所得の特別控除

相続又は遺贈により取得した被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等を、平成28年4月1日から平成31年12月31日の間に売却した場合、一定の要件に該当するときは、その譲渡所得の金額から最高3,000万円までの金額を控除することができます。

その要件の中に売却代金が1億円以下であることという要件があります。被相続人の居住用財産を1人の者が相続又は遺贈により取得した場合は売却代金1億円以下の判定は容易ですが、取得した者が複数つまり共有の状態のある時は注意が必要です。共有の財産については売却代金が1億円以下であるかどうかは共有者ごとに判定するのではなく売却物件全体で判定します。したがって、共有持分があって全体で1億円以下となる場合は共有者ごとに3,000万円の特別控除が受けられることとなります。

2月に入り、いよいよ確定申告が始まります。プロタッググループでは2月1日より確定申告税務相談会を各事務所にて開催しております。ご遠慮なくご相談下さい。お待ちしております。

 

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。