HOME新着情報一覧 >> 「生命保険契約照会制度」の創設

新着情報

2022/03/11

「生命保険契約照会制度」の創設

今回は令和3年7月から利用が開始された「生命保険契約照会制度」についてお届けしま

す。

 

(生命保険契約照会制度とは)

 

「生命保険契約照会制度」とは、契約者や被保険者が亡くなった場合等に、法定相続人等

からの照会を受けて、一般社団法人生命保険協会が契約の有無について、加盟する生命保

険会社に一括して照会を行い、その結果をとりまとめて照会者に回答する制度です。

東日本大震災を契機に、災害地域における迅速な保険金の支払いのために、「災害地域生

保契約照会制度」が創設され活用されてきました。今回、災害時に限らず平時において、

契約者や被保険者が死亡した場合、認知判断能力が低下している場合にも、確実に保険金

の請求が出来るようにするための制度として再構築されました。

 

(利用手順)

 

亡くなられた場合は、法定相続人や遺言執行者から、判断能力が低下している場合は、法

定代理人や3親等内の親族からの照会が認められています。WEBや郵送による照会が可

能です。利用料は一回の照会につき3千円(税込)で、生命保険協会所定の申請書類等が

必要です。詳細については生命保険協会のホームページをご確認ください。

尚、契約の有無についての照会が可能で、契約内容の詳細については照会出来ません。

 

生命保険証券の紛失などにより、保険金の請求にお困りの場合には、この制度の活用して

みては如何でしょうか。

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。