HOME新着情報一覧 >> 三世代同居改修工事に係る税額控除について

新着情報

2016/03/03

三世代同居改修工事に係る税額控除について

 

現在国会で審議されている平成28年度の税制改正の中から、

所得税の改正に盛り込まれた『住宅の三世代同居改修工事等に係る税額控除』についてお知らせします。

 

(制度の概要)

今回の改正案では、一定の三世代同居改修工事を行った場合に、所得税の税額控除を受けることができる事となりました。この税額控除の受け方には2通りのパターンがあります。

 

ローン残高の2%を5年間控除する方法

標準的な工事費用額の10%を1年で控除する方法

 

,禄斬陬蹇璽鷙欺に近い制度になっており、△呂海譴泙任砲發△襦愍淵┘優螢侫ーム』や『バリアフリー改修』をした場合の税額控除に近い制度となっています。

いずれも、平成2841日から平成31630日までの間にその家屋に居住する必要があります。

 

(三世代同居改修工事)

三世代同居改修工事とは、キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち2つ以上を増設して複数にする工事で、工事費用(△両豺腓蓮標準的な工事費用)50万円超のものを言います。

,療用を受けるためには、そのためのローン期間が5年以上でなくてはなりません。

また、△旅欺額を計算する場合の標準的な費用の額は、国土交通省から告示された金額が基準となります。

 

また、,鉢△脇瓜に受けることができず、控除額の基準となる工事費用は250万円が限度となっています。

いずれの控除が有利となるかは、申告をされる方の所得金額や工事費用によって異なります。

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。