HOME新着情報一覧 >> 設備投資に係る新たな固定資産税特例について

新着情報

2018/05/02

設備投資に係る新たな固定資産税特例について

 

平成30年3月28日に地方税法等の一部を改正する法律が可決されました。その中でも中小法人に注目されているのが、中小企業者等が一定の設備を取得した場合にその固定資産税を3年間、2分の1から最大ゼロまで軽減する「中小企業の投資を後押しする大胆な固定資産税の特例の創設」です。

従来の法人税等の優遇税制では、利益が出ていない事業にとって恩恵がありませんでしたが、固定資産税の減税は、黒字赤字関係なく恩恵が受けられる税制優遇となり、設備投資を検討中の事業者には積極的な活用が期待されます。

 

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2017/171225zeiritu02.pdf

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。