HOME新着情報一覧 >> 京都市「宿泊税」の導入を検討

新着情報

2017/08/18

京都市「宿泊税」の導入を検討

  京都市の新たな財源のあり方を考える有識者検討委員会は87、門川大作市長に「宿泊税を導入すべき」とする答申を行ないました。

  答申では、同市内にあるホテルや旅館に加え、ゲストハウスや民泊など「すべての宿泊施設を対象とすることが妥当」とし、「修学旅行の学生の宿泊については課税免除が適当」と提言しました。 

  これを受け市長は同日、この「宿泊税」を導入する条例案を9月の市議会に提案する方針を表明しました。 

  市議会で可決されれば、総務省と協議に入り、早ければ2018年中に導入される可能性もあります。 

  

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。