HOME新着情報一覧 >> 平成28年分の贈与税の確定申告状況について

新着情報

2017/07/21

平成28年分の贈与税の確定申告状況について

国税庁より、平成28年分の贈与税の確定申告状況について発表されています。

https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2017/kakushin_jokyo/index.htm

 

(贈与税の申告状況の推移)

平成28年分の贈与税申告書を提出した人は50.9万人で、

平成27年分の53.9万人と比べ3万人(5.4%)の減少となりました。

また、申告納税額も平成28年分は2,252億円と150億円(6.2%)の減少となりました。

 

 

(暦年課税及び相続時精算課税別の申告状況)

平成28年分の暦年課税の申告人員は46.4万人で、

平成27年分の48.9万人と比べ2.5万人(5.0%)の減少となりました。

また、申告納税額も平成28年分は1,927億円と234億円(10.8%)の減少となっています。

平成28年分の相続時精算課税については、申告人員は4.5万人で、

平成27年分の4.9万人と比べ0.4万人(9.3%)の減少となりましたが、

申告納税額は平成28年分は325億円と84億円(35.0%)が増加しました。

 

 

(相続税の対策としての贈与)

平成27年分の贈与税申告は、平成27年1月1日からの相続税の大改正により

贈与税の申告が一気に増加をしましたが、平成28年分の申告人員は

平成26年分と同じ位の件数となったところを見ると、

少し落ち着いてきたのかもしれません。

ただし、相続税を考えると、贈与という対策は非常に効果のある方法だと思います。

そのためにも、適正に贈与を行い、適正な贈与税の申告を行っていくことをお勧め致します。

 

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。