HOME新着情報一覧 >> 国税を一時に納付できない場合の猶予制度

新着情報

2015/04/24

国税を一時に納付できない場合の猶予制度

  大企業を中心に一部景気回復傾向にあるようでが、中小企業や個人事業主を取り巻く環境はまだまだ厳しいのが現状ではないでしょうか。
  そのような中、国税を一時に納付することにより、事業の継続や生活の維持を困難にするおそれがあるなどの一定の要件に該当するときは、その国税の納期限から6か月以内に所轄の税務署長に申請することにより、1年以内の期間に限り換価の猶予が認められる場合があります。
  また、〆盪困砲弔い萄匈欧鮗けたり盗難にあったこと、納税者またはその者と生計を一にする親族などが病気にかかったり負傷したこと、事業を廃止したり休止したこと、せ業について著しい損失を受けたこと、ニ寨茲稜軸限から1年以上経過した後に、修正申告などにより納付すべき税額が確定したこと、などの理由により、国税を一時に納めることができない場合には、所轄税務署長に申請することにより、1年以内の期間に限り納税の猶予が認められる場合があります。
  これらの猶予が認められると、猶予期間中の延滞税の全部または一部が免除されたり、財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。
  猶予申請の手続要件は厳しいものになっておりますが、国税を納期限までに納められない場合には、早めに所轄の税務署に相談し、これらの制度をご活用下さい。


猶予申請の詳しくは、国税庁ホームページ
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/sonota/yuyo-tebiki/index.htm
 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。