HOME新着情報一覧 >> 中小企業の経営改善計画支援で補助金事業を来年度も継続!

新着情報

2015/02/20

中小企業の経営改善計画支援で補助金事業を来年度も継続!

「経済産業省は中小企業の経営改善計画づくりを税理士や地域金融機関が後押しする補助

金制度を2015年度以降も継続する方針を決めた。」

2015129日、中小企業ニュースより)

 

  この制度は「経営改善計画策定支援事業」と呼ばれ、中小企業金融円滑化法終了後の中

小企業の目玉施策として、405億円もの予算を措置して20133月に始まった事業ですが、これまでの利用は利用申請が約6,000件、うち支払申請が約1,800件で30億円程度と低調で予算の大半が未消化のまま今年の3月末で終了する見通しでした。ところが、関係機関の働きかけで、2014年秋以降の利用が急増していることから未活用の事業費を一旦国庫に返納した上で、予算規模を縮小した形で続けるようです。

また、先日参加しました中小企業再生支援全国本部主催の「中小企業再生支援セミナー」においても、恒久事業となった旨が伝えられ、今後も力を入れていくと仰っていました。

 

  そもそも、この制度は何故今まで低調な利用に留まっていた理由は以下のようです。

  〃弍蝶弯慧認定支援機関である税理士等の制度認識不足

  ∪罵士と金融機関の連携不足

  制度利用が見込まれる企業融資の多くは万が一、焦げ付いても代位弁済の対象となる

    信用保証協会による保証付きであること

  た柔疏觚が各都道府県に設置されている中小企業再生支援協議会の一機関である「経

    営改善支援センター」となっているため、利用企業が”再生企業”という風評を恐れ

    て二の足を踏んでいる

  しかし、中小企業金融円滑化法制化でリスケ等を行った中小企業は30万社とも40万社とも言われていますが、その殆どが放置状態となっていることになります。このままでは地方経済は益々疲弊していくばかりです。

 

  そこで、先述のセミナーにおいても当事業は安倍政権が打ち出している地方創生戦略に

沿うものとして、その意義を

  |楼茣覿反瑤慮詐に歯止めをかけるとともに、地域経済の活性化を図る

  ∧歉擽┣颪梁絨綿杠僂亡麝燭垢襪海箸蓮地域金融機関にとっても大きな意義がある

として、その目指すべきゴールを「地域密着型ビジネスモデル」の構築としています。

  それは新しい税理士と金融機関の関係構築として、地元税理士は中小企業の決算や税務

申告のみならず、月次決算等、管理資料の作成並びに経営指導を担い、地域金融機関は顧

問税理士から、税務申告書・月次決算書・その他管理資料の提供を受け管理する、という

中小企業との取引モデルを構築しようというものです。

 

 

一覧へ戻る

お問い合わせフォーム こちらから
  • 総合経済京滋税理士協同組合 経営改善支援

Pick up

詳細はこちら中京支部
芦田 勝博
詳細はこちら
  • プロタッグメンバー紹介
  • C-Taxconductor

    連結納税には「日立のC-Taxconductor」を使っています。